Twinmotion2019 新機能

Twinmotion 2019は、新たに追加された機能、最適化されたレンダリング、充実したライブラリなど多くの革新をもたらします。


遠近法補正

オブジェクトの垂直方向の歪みを補正します。


インタラクティブVRメニュー

VR空間上で、天候、時刻などの環境や、オブジェクトのマテリアルを変更することができます。


メジャーツール

プロジェクト内の距離を計測します。


コンパス

プロジェクトの地域、方位を設定します。


Product Manager

Product ManagerからTwinmotionに関するニュース(アップデート、チュートリアルなど)を確認します」。


ARCHICAD、Revitからのダイナミックリンクの最適化

処理速度が最大で50%早くなりました


レンダリングの最適化

反射の改善

リフレクションプローブオブジェクトを使用することで反射が強化されました。


クレイレンダー

クレイレンダー機能によりホワイトモデルでのレンダリングが可能になりました。


ライティングオプションの追加

ライティングオプションに月や星が追加され、プロジェクト全体のライティングが強化されました。


豊富なライブラリ

90を超える建設向けのオブジェクト

重機や建設向けの備品、人物が追加されました。


旗のオブジェクト

旗のオブジェクトとそれに適用する国旗や都道府県旗
(一部を除く)のテクスチャが追加されました。


装飾雑貨のオブジェクト

インテリア向けの装飾雑貨が増えました。


物理ベースレンダリングマテリアル

半透明や塑像のマテリアルが増えました。


ユーザーライブラリ

ユーザーライブラリを簡単にフォルダ分けして整理できるようになりました。